むかーし昔のことじゃった

 

おじいさんは山へ芝刈りに

おばあさんは川へ洗濯に

 

すると・・

 

家に持ち帰って食べようとしたら・・

なんということでしょう

 

子供のいなかったおじいさんおばあさんは

桃太郎を大事に育てました。

 

一方そのころ、

里では鬼たちが暴れ、甚大な被害を被った村人たちは

大変困り果てておりました。

ものを盗む、食べ物を勝手に食べる、

オレオレ詐欺に、歩きスマホ。

まさに鬼の所業です。

 

成長した桃太郎は、鬼たちのアジト”鬼ヶ島”へ鬼退治へ行くことにしました。

それにしても桃太郎、あの美少年の面影はどこに行ったのでしょう。

 

おじいさんとおばあさんはきびだんごを作ってくれました。

 

心強いお供もできました。

(左から イヌ氏、サル氏、キジ氏。

なぜ人間がついてきてくれないのかは突っ込んではいけません。

誰だって鬼は怖いじゃん。命は大事じゃん。)

 

桃の鳥居の神社で必勝祈願です。

 

みんなで力を合わせて鬼をこらしめました。

かっこいい!ヒューヒュー!

 

もう悪いことはしないか!?

本当に反省してるのか!?

 

 

桃太郎たちは人々からうばったお宝を取り戻し、

意気揚々と故郷へ帰ってきました。

 

ところが、

倉庫に保管していた宝を誰かが盗んだようです。

けしからん。

 

早く返さないと、

鬼がお宅まで取り返しに行きますよ。

 

桃太郎神社

犬山市観光情報 桃太郎神社

 

☆★<よいこのみんなへまめちしき>★☆

 

”ししとう”の正式な名前はシシトウガラシ(獅子唐辛子)

ほぼ一年中スーパーで買えるけど

夏から秋が旬の野菜です。

10本中1本くらい辛いのがまざってるよ。

そのため

『食べるロシアンルーレット』

ともよばれてるらしいよ!?

夏休みと言えば工作。

工作と言えばロボット。

ロボットと言えば掃除機。

 

という、Kの独断と偏見と強引な展開で『大人の科学』を購入、

ふろくの『卓上ロボット掃除機』を作ることにしました。

 

学研 大人の科学マガジン 33 ロボット掃除機

価格:3,024円
(2017/8/17 10:03時点)

 

おおー!歯車やらねじやらモーターやらパーツがいろいろ。

 

おっちゃんみたいなパーツもあるし。

これは何に使うんだろう?

 

例によってメカ担当の研究員Yに組み立ててもらうことに。

 

設計図を見ながら黙々と組み立てていきます。

 

ちょっと難しかったらしいけど、なんとか

 

動かしてみる。

ちゃんとゴミを吸い込んだ軌跡がみえます。

音がけっこうでかい・・。

 

ゴミもちゃんと取れたよ!

(ただし、細かすぎるゴミはムリみたい。そこは個別に改良していくといいかも)

 

おっちゃんパーツはゴミの吸い込み口でした。

 

『大人の科学』本誌もマニアックでおもしろいです(*´ω`*)

『学研の学習』『学研の科学』世代はもちろん、そうじゃなくてもおすすめ♪

 

学研 大人の科学マガジン 33 ロボット掃除機

価格:3,024円
(2017/8/17 10:03時点)